こましんについて

経営理念

当金庫は大正7年11月創業以来、中小企業の発展と国民大衆の繁栄と豊かな暮らしづくりのお手伝いをモットーに、地域社会の発展と共に歩んでまいりました。

お客様(会員・取引者)の発展があってこそ小松川信用金庫があり、職員のたゆまざる努力と安定した生活があって当金庫があるという「三者共栄」の基本姿勢を貫いてまいりました。これからも“小松川信用金庫”らしさを大切にし、お客様、職員、金庫がお互いに幸せで、そして全てが豊かでうるおいのある生活を実現し、皆様の一層お役に立つ信用金庫を目指して最善を尽くしてまいります。


経営方針

当金庫は協同組織の地域金融機関としての精神に則り、国民大衆の幸福と地域の繁栄に努めてまいります。そのために、地域諸団体との連携を強化し、地元住民の生活の向上と地元中小企業の健全なる育成を図ってまいります。

これらを実現するために役職員一同は、仕事に励み倹約し、努力して物事を実行する「勤倹力行」の精神と積極的な行動力を発揮し総力を結集して、信用金庫の「使命共同体」としての役割を確実に果たすよう努力いたします。


経営姿勢

地域の発展を願い
地域の皆様から信頼され
お役に立つ金庫をめざし
調和のとれた堅実経営に努めます。


ページのトップへ戻る